忍者ブログ
  • 2017.09
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • 2017.11
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

【2017/10/21 17:16 】 |
ヘイルさんが出来るまで
少々お下品な単語が混ざるかもしれません。閲覧注意?
さて何故健全サイトでTSキャラを作成してしまったのか……。
まずどりずるの根底にファンタジーとはいえ冒険者ってヤクザな仕事だよね。っていうのがあります。
だって普通に商売営んで生活した方が絶対安全。軍備だってあるんだし。
けどAMがあるので一般市民を作るより冒険者を作った方が絶対楽しい。
しかしかっこいい冒険者PCなんて絶対出来ない。だってわたくしそんな魅力ないもの。
じゃあ一般人がどうしたら冒険者をやるか、と言うところから始まります。
強烈なモチベーションの作成となんとなく女PCやってみたいな、けど女性メンタリティ表現しきる自信はこれっぽっちもないな。とか。じゃあTSさせっか!男に戻るために冒険者やらせよう!となりました。
さらにかっこいいとかかわいいとかきれいとかはPLのロール力では表現しきれない。
けどTSキャラが不美人って夢がないよなぁ…とか。
じゃあまぁそこそこ顔立ち良くてそこそこスタイル良くて、全部そこそこ、でいいだろう…。と。
はて、ここまで決まった。では男に戻りたい、と言うモチベーションはなんとするか。
そりゃ女と付き合いたいからだよね。じゃあ思春期の始まりまでは男であった必要があるな。となります。
だから割とちょろくて、某PCさんに積極的に近寄られると無謀にも惚れちゃったりしました。
けどヘイルさん身体的に女の内に誰かと付き合うという気は毛頭ありません。(健全サイトなので)
いずれ真実を知れば大いにへこむでしょうが男に戻ろうと言う決意は改めて強くなるでしょう。PCは。

しかし前述の通り一般市民が冒険者を続ける理由としてTSさせられてるのでPLの意図としては戻す気がさらっさらありません。
だって男に戻ったら冒険者やめちゃうし。
なんか別の冒険者続ける理由が出来て、それが男でないと不可、とかなったら戻るかも。
けどGM負担軽減策によりGM様に相談して性別を男に戻すと言うことが出来なくなってしまいました。
変身で男になれるようになっても根本的な性別は女のままっていう。
しかも変身は一度取れば外せないでしょう。
つまり変身に頼ると一生半端なまま。
さてどうしよう。とは思わずまぁこのままでいいや。と思ってます。

あ、そんなこんなですごく一般市民なヘイルさんの武器はひのきの棒(クォータースタッフ)(2Mの木の棍)です。
そして虚勢張って頑張ってますが争いごとが根源的には嫌い。
だから意見が対立すれば結構すぐ折れる。
だからエンチャンター(バッファー)としての資質高いくせに簡単(かもしれない)な攻撃魔法やデバフを使えないし、刃物も持ちたくない。

ヘイルさんの一人称「俺」ですけど、本来は「私」な人です。そこが大きな虚勢の象徴。

あ、ヘイルさんが男に戻ることに不安を抱いてるのってどうやって女になったか自分で分かってないからです。(PLも特に設定してない。)
なので「元に戻る」と言うのが感覚的に分からないんです。
平たく言うと乳残ったまんまちんこ生えたらどうしようってこと。
まぁ万が一戻る際はファンタジー的お約束で特に問題なく戻るのでしょうが。


魔法に制限を加えたのはやっぱレベルを上げて物理で殴る。は全てに通ずる!という思想から。物理攻撃メインで頑張りたい。けど魔法だって使いたい。ひのきの棒じゃすぐ折れちゃうもんね!あ、じゃあエンチャンターしてひのきの棒強化だ!でもひのきの棒強化するために魔法取ったのに攻撃魔法使えたらつまらないよ。
じゃあ一般市民だし争いごとが根源的に…(もごもご、前述な感じに。)


なんか文章になってない気がしますがこれがヘイルさんの出来るまで。でした。

拍手

PR
【2012/01/31 18:12 】 | ヘイル | 有り難いご意見(0) | トラックバック(0)
<<フルアリーの歪んだヤサシサ | ホーム | フルアリーの成長とか>>
有り難いご意見
貴重なご意見の投稿














虎カムバック
トラックバックURL

<<前ページ | ホーム | 次ページ>>